« 吹いてみる☆ | トップページ | 久々のレッスン »

チャーリー・パーカー

アルトの名手。

パーカーに憧れるプレーヤーは多いですよね。

チャーリー・パーカー 「BIRD AND DIZ」(1950年録音)

41q408x4x4l

彼のサックスを聴いたのはこのアルバムが初めて。

よく知りませんでしたが、

パーカー、ディジー・ガレスピー(tp)、セロニアス・モンク(p)の共演は結構貴重のようです。

ディジー・ガレスピー(trumpet)

チャーリー・パーカー(alto sax)

セロニアス・モンク(piano)

カーリー・ラッセル(bass)

バディ・リッチ(drums)

今聴いても古さを感じさせない。

彼の力強いというか、攻撃的?なプレイに圧倒されます。

まさに天才!

そのうち、ビ・バップなんかできたらカッコいいでしょうねー。

アドリブがスラっとできるようになるのは何時なんだろー(^^;)

|

« 吹いてみる☆ | トップページ | 久々のレッスン »

☆alto sax」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482607/8908079

この記事へのトラックバック一覧です: チャーリー・パーカー:

« 吹いてみる☆ | トップページ | 久々のレッスン »