« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

NATE MORGAN 「RETRIBUTION, REPARATION」

やっと28日で仕事納めでした。

ほぼ通常通りの業務をして、

少し掃除を手伝い・・・そして慰労会。

慰労会後は若手でカラオケBOXに移動!

(とりあえず若手にまだ入れてもらえましたー良かった(笑)!)

カラオケの後は、初めて「ダーツ・バー」に行くことに。

メニューに「罰ゲームドリンク」「罰ゲームフード」なるものが。

面白そうなので色々頼んでみました。

 「ロシアンルーレットたこ焼き」(1個のみ唐辛子入り)

 「おいしいのに」(多分ノニジュース)

 「ホットショット」(多分タバスコドリンク)

まず、普通にロシアンルーレット勝負は勝利!

でも負けた女のコが辛さに超強いので、

罰ゲーム感覚が薄かったです(笑)

そしていよいよダーツ勝負。

初挑戦でいまいちルールも分からず、

案の定最下位・・・飲みましたよ「ノニジュース」。

味は・・・よく分からないけど、クサい・・・とにかくクサい。

もういいです、ごめんなさいって感じでした(笑)

もう一度ダーツ勝負!

今度は男性にしか罰ゲームがないルールだったので、

気が楽だったのかなかなかの好プレー。

刺さらずにダーツが跳ね返ったり、

たまに変な方向に飛んだりするけど(笑)

不思議と高得点に当たるので、

結果420点くらい?の成績で1位に☆

いやー面白かったです♪

Nate_morganr_071206

今夜はネイト・モーガンの

「リトリビューション,リパレイション」を。

ブラック・ジャズの名盤が、世界初のCD化です。

NINBUS WESTより、1984年リリースの2ndになります。

とってもクールなブラック・ジャズ。

彼の叩きつけるような力強いピアノもいいですが、

サックスのジェシー・シャープが印象的。

なんて荒々しくってワイルドなプレイなんだろう!

トランペットのダニー・コルテスも素晴らしく、

切れ味の良い音に耳を奪われる。

カッコいいアルバムです。

DANNY CORTEZ (trumpet)

JESSE SHARPS (reeds)

JOEL ECTOR (bass)

NATE MORGAN (piano)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

riviera「alaska」

年末だということもあり、

仕事中何だか訳分からなくなります・・・(笑)

そんな時は、同僚の女のコとこっそりブレイク♪

071227_144301

天神地下街の赤い風船にて、

「ふんわりとろける生チョコレートケーキ」を購入。

これは4個入りで ¥525 !

 

071227_144601見た目は少しハードな

カップケーキ?

しかし、生チョコという名の通り、

しっとりと柔らかいチョコレートケーキでした☆

美味しい♪

また余裕の2個完食(^^)

疲れた頭にほっこりとさせてくれるチョコレートの甘さ。

金曜日の仕事納めまで頑張れるかな?(もう今日ですね・・・)

今夜はちょっと昔のCDをひっぱり出してきました。

418jqnarcrl

リヴィエラの「alaska」

ドイツの兄妹ユニットです。

2001年のリリース。

ネットで自分達の音源をアップしたところ、

すごい件数のアクセスがあったそうです。

そしてCD発売に繋がり、これは彼らの2ndになります。

英語とドイツ語で歌ってますが、

ドイツ語っぽく聞こえません。

キュートなポップスです。

ちょっと渋谷系で(懐かしい!)、

ピチカートファイヴの影響もうけているらしいです。

ジャズの合間に、こういうポップスもいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

david SANBORN 「straight to the heart」

メリークリスマス☆

皆さん、どう過ごされたのでしょう?

私のクリスマスらしい事といえば、

クリスマスケーキをいただいたくらい?かな(笑)

Photo ロウソク付きなので、

折角だから点火♪

誕生日ケーキのよう。

美味しかったです!

ありがとうございました☆

色んな方から薦めていただいた、

サンボーンのライブ盤「straight to the heart」を聴いてみました。

51vkqbegtkl 胸毛がちょっと気になるジャケットです・・・(笑)

とってもメロディアスなサックス!

彼独特の、歌うような音色がとても心地よい。

どうやったらあんなカッコいい

節回しと音が出せるんだろう??

ライブに行ってきたばかりなので、

このライブの臨場感がたまらなくいいです☆

この作品で84年の「ベスト・ジャズ/フュージョン・パフォーマンス部門」にて

グラミー賞を受賞しています。

この後もグラミーを何度も受賞。

さすがです☆

デイヴィッド・サンボーン (alto sax)

ドン・グロルニック (keyboards)

ハイラム・ブロック (guitar, backgroundvocal)

バディ・ウィリアムス (drums)

マーカス・ミラー (bass guitar, synthesizer,backgroundvocal )

ラルフ・マクドナルド (percussion)

ランディ・ブレッカー (horns)

マイケル・ブレッカー (horns)

ジョン・ファディス (horns)

ハミッシュ・スチュアート (vocal)

(1984年スタジオライブ録音)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

quasimode "The Land of Freedom" release tour in Fukuoka

12月22日、ROOMSにてクオシモードのライブがありました。

この日は事件がありすぎて、忘れられない日となりました。

ポリス、マルーン5に福岡はフラれたので(笑)、

このライブすごく楽しみに勇んで会場へ。

1ドリンクの白ワイン片手に、

スタンディングなのでフロア前方に。

クオシモードの前に何組かプレイしている中

最初から頑張ってスタンディングだったからか、

徐々に貧血のヤバイ兆候が・・・

フロア後方へ非難しようと歩いて行ったけど、

だんだん視界も見えなく足取りもおぼつかなく、

人垣から出た瞬間(多分)座り込んでしまいました。

即座に助け起こして長椅子に座らせてくれた方。

スタッフさんを呼んでくれた方。

長椅子に横にさせてくれた方。

コートをかけてくれた方。

コートを枕にしてくれた方。

コートを足枕にして、足を上げさせてくれた方。

心配して色々声をかけてくれた方。

(もう恥ずかしくなってきた・・・)

これからだんだん煩くなるから別のところで休みましょうと、

肩を貸して連れて行ってくれた方。

キチンとお礼もできませんでしたが、

助けていただいて本当にありがとうございました!!

人の温かさをめちゃめちゃ感じました。

ひとしきり休ませていただいて、

クオシモードのプレイが始まったところで

我慢できずにフロアへ急行!(いいのか??)

また迷惑かけてはいけないので、

入り口付近の壁にもたれて聴き入りました。

色々あったけど、来て良かった!!

メンバーのピアノ、ベース、ドラムス、パーカッションに加えて

トランペット、テナーサックスの生み出す極上のグルーブ。

フロアと一体になって、皆ノリまくり。

私もあの中に入りたかったなー(^^;)

やっぱりライブは最高!

最高のプレイでした。

61hjyru7xdl 51a31vapebl

ライブが終わり、

倒れた時にバッグを受付で預かっていただいてるとのことだったので受付へ。

しかし、出されたバッグが私のではない・・・

バッグが長椅子のところにまだあるのでは?と

何度も見に行ったけどない。フロア全部みたけどない。

間違ったバッグを持って行かれた方がいる??

その方からお店に連絡があったら連絡しますので

連絡先をと言われましたが、

自宅の鍵も携帯も財布もバッグの中なので途方にくれてしまいました。

意を決してスタッフさんが、そのバッグの中身を確認。

何と!別のスタッフさんのバッグだったことが判明。

ということは・・・もしかしてこのバッグですか?と差し出されたのは

正しく私のバッグ!!

「良かったー!!!」と女性スタッフさんと声をあげて喜びました!

ちょっと似たタイプのバッグなので、

間違ったようです。

お騒がせして本当にすみませんでしたとお詫びして

やっと無事帰途へ。

バッグあって本当に良かったよーと、帰りのタクシーの中でしみじみ安堵しました。

でも一つ心残りは、クオシモードのメンバーにサインを貰うことができなかった事。

お話もサインもその気になればしていただけたんですが、

私はバッグ騒動があったのでそんな感じではなく。

残念・・・ 

でもあの臨場感を満喫できたし、間近で会えたし十分。

またライブに来てくださいね!!

最後に、ROOMSのスタッフの方々、

親切にしていただいた方々、本当にありがとうございました!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年最後

今日で今年最後のSAXレッスンでした。

クラスメイトが初めて自分の楽器を持って来てて、

私のも含めて3本のSAXを先生が試し吹きすることに。

YANAGISAWA、YAMAHA、個々で音が違います。

YANAGISAWAはイイ音してたなー

私のSAXには無いけど、

楽譜止め?のネジを外しただけでも全然響きが違う。

引っかかり無く、音が広がるとでも言うのでしょうか。

不思議です。

私のSAXは先生に選んでいただいたので、

「うん!いいです♪」

とお墨付きを改めていただきました。

しかし、吹き手が違うとこうも音が違うのか!

私のはマウスごと試していただいたので、

その差が歴然。

仕方ない事だけど、ちょっとショック・・・・

「はい、確かに良いです。ありがとうございましたー」

深々と頭を下げました(笑)

練習だー、練習ー!

Sa3a0017

随分前にキーケースを買った時、

入っていた袋をマウス入れとして使っています。

丁度いい大きさ☆

楽器ケースの小物収納が、ベルの下で小スペース。

無造作に入れるのは気が引ける感じでした。

物持ちがよくて良かった♪(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリア・ジャズ

イタリアのジャズが最近気になります。

クールでオシャレな楽曲が多いですよね。

LTC 「A Different View」とか

とってもクールでカッコいい。

程よくグルーブ感もあり、

ヨーロッパ的な正統派ジャズの匂いも感じます。

クラブでのプレイ率も高い、

大注目のデビュー作です。

(12インチ盤は今年6月にリリース)

617d9dyds2l

彼らは

ニコラ・コンテのコンボでも活躍。

DJ須永氏のクラブイベントで

来日もしています。

もう一枚、パイロット・ジャズー 「MORE TIME」も

とてもオシャレ。

51dgdnif1kl 3年ぶりの2ndとのこと。

こちらはジャズ・ハウス。

グルーブ満点のボーカル、

スウイングするウッドベース、ホーンを中心に構成。

ダンス・ビートが効いているクラブジャズです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

学生さん!?

今日もSAXの練習をカラオケBOXにて。

もう顔を憶えられているようで、

「練習大変ですねー学生さんですか?」と話しかけられました・・・

が、学生だなんてー!♪

しかし、多分喜んではいけないと思う(^^;)

幼いってことだしねー。

ウーロン茶を頼んだら、

「サービスです!」って持ってきてくれました!

重ね重ねいいお店だ☆(笑)

ロングトーン、スケール、タンギング。

フィンガートレーニング、「コガネムシ」と「カエル」。

「アメイジング・グレース」、「ムーン・リバー」。

「Jupiter」、「涙そうそう」。

すぐに疲れてしまって、

なかなか最後まで吹ききれない。

いつもの如く

ロングトーンを重点的に練習しなくては・・・

楽器ケースを持ち歩く時に

楽な斜めがけのバッグを探してました。

今のOUTDOORのデカバッグもいいんだけどね・・・

なかなか手頃な物がなくてウロウロ。

そしてやっとAnotherEditionで購入☆

071216_183201

紙袋がクリスマスっぽくて、

とってもキュートです!

ひもがリボンだし。

思わずパチリ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スタン・ゲッツ

昨日は得意先の忘年会に呼んでいただいて、

営業と2人で参加。

最初は緊張してましたが、

皆さん親しみやすく接していただいて楽しく過ごせました。

楽しく過ごしただけで良かったのかな?(笑)

今日は久しぶりに、

ゆっくり自宅で過ごしました。

51yxrxwscal

スタン・ゲッツの

「BIG BAND BOSSA NOVA」

黒いオルフェ

(1962年録音)

スタン・ゲッツ(ts)

ゲイリー・マクファーランド(arr,cond)

ドク・セヴェリンセン(tp) バーニー・グロウ(tp)

ジョー・フェランテ(tp) クラーク・テリー(tp)

ニック・トラヴィス(tp)

レイ・アロンジ(frh)

トニー・スタッド(tb) ボブ・ブルックマイヤー(tb)

ウィリー・デニス(tb)

ジェリー・サンフィノ(fl) エディ・ケイン(a-fl)

レイ・ベッケンスタイン(fl,cl) ベイブ・クラーク(cl)

ウォルト・レヴィンスキー(cl) ロメオ・ペンケ(b-cl)

ジム・ホール(g)

ハンク・ジョーンズ(p)

トミー・ウィリアムス(b)

ジョニー・レエ(ds)

ホセ・パウロ(tambourine)

カルメン・コスタ(cabassa)

これはアレンジとオーケストラの指揮を

ゲイリー・マクファーランドが担当。

テナーをフルートかのように

軽快に演奏しています。

映画黒いオルフェのテーマや、

ノー・モア・ブルース、ワン・ノート・サンバなど

ボッサの有名ナンバーも。

よく耳にする曲ですが、

アレンジが良く耳に心地よかったです。

418cqhjkmalSAXを始めてすぐに聴いた

「COOL VELVET AND VOICES」

ジャズなんだけど、

とてもクラシック的なスタイルだと感じました。

すごくキレイな演奏です。

「COOL VELVET」1960年録音

Stan Getz  (ts)

Russ Garcia  (arr,cond)

Blanchie Birdsong  (harp)

Dave Hildinger  (vb)

Jan Johansson  (p)

Freddy Dutton  (b)

Sperie Karas  (d)

「VOICES」1966年録音

Stan Getz  (ts)

Claus Ogerman  (arr,cond) 

Herbie Hancock or Hank Jones  (p)

Jim Hall  (g)

Ron Carter  (b)

Artie Butler , Bill Horwath, Bobby Rosengarden (perc)

Grady Tate  (d)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SAXレッスン

先週かなりへコんだので、

レッスン日の前日にカラオケBOXで気合入れて練習しました。

仕事に無理やりケリをつけ、

一度自宅に帰って楽器を持ってカラオケへ。

ロングトーン、スケールから始まり、

一週間、アメイジング・グレース。

気分転換にムーン・リバー、今井美樹のPRIDEなど。

下手は下手ですが、

音はスムーズに出るようになってきました!

少し自信がついたところで、

今日のレッスンへ。

初めて自分の楽器を持って行きました♪

通勤電車はツライけど、

自分のSAXで練習したいですもんね。

今回の練習曲、「コガネムシの歌」と「蛙の歌」を(笑)

先生はラテンっぽい伴奏で吹いてくれ、

ちょっとカワイかったです。

練習の成果か、音が出やすくなりました♪

一安心☆

しかし腹式呼吸を忘れがち。

次回の課題です。

先生の特注?ネック締ネジ(銀に金メッキ塗装)を、

私のSAXのネジと交換して吹いてみました。

これだけで不思議とイイ音になる!

驚きました。

こんなパーツだけで変わるものなんですねー

ネジ、7,000円くらいするようです・・・

そのまま付けて帰りたっかった(笑)

200712132240000

レッスン帰りは久々「れんげ茶屋」へ

お好み焼きを食べに寄りました。

しばらく行かない間に

店内クリスマス仕様に♪

071213_223301 そして、

カウンターに飾られてたカードを発見。

小学生のお客様から

貰ったとの事。

071213_223402_2

懐かしいー

「なめんなよ」って(笑)

今の小学生が

何故持ってるんだろう?

071213_223401

・・・「NyasterCard」を(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ティモ・ラッシー

カッコいいサックスです。

ティモ・ラッシー「THE SOUL & JAZZ OF TIMO LASSY」

20070622_2 41ok2ph4bql

彼の1stです。

ヨーロピアンジャズを代表する、

ファイブ・コーナーズ・クインテット」のテナーサックス奏者。

白人の演奏にはとても聞こえない。

バリバリと鳴らすタイプで、

とってもファンキーです。

ラテン・ボッサ・アフロの要素もあります。

クラブジャズ系ではあるけど、

しっかり聴かせてくれるジャズ。

大好きです!

アルトサックスをしていますが、

テナーばっかり聴いてますね(笑)

つい選ぶのがテナー。

好きなんでしょうね。

まあー勉強にもなってるしね!(本当に???笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタンリー・タレンタイン

ブログ内でお薦めしていただいた、

「スタンリー・タレンタイン」を聴いてみました。

41j6j87d1xl 51ctf2bfy8l

ソニー・ロリンズとは

違うタイプです。

個性的なプレイヤー。

「黒い」という表現が何となく分かります。

少し泥臭いとでも言うのでしょうか、

私好みです(笑)

学生の時レゲエを聴いていた頃がありましたが、

「一般受けするキレイなレゲエより泥臭いレゲエがいい!」

と思ってた事があります(^^;)

レゲエはもう聴きませんが、

その辺の好みは変わりませんねー。

「LET IT GO」では、

当時の奥様であるオルガン奏者、

シャーリー・スコットと共演しています。

JAZZのオルガンっていいですねー。

サックスとオルガンの音が相成って、

どこか懐かしいような、

ソウルフルで楽しい作品になっています。

彼のサックス、そのうち真似ができるようになりたいな。

まだまだ先の話ですけどね(笑)

「CHERRY」1972年録音

STANLEY TURRENTINE  (tenor sax)

MILT JACKSON  (vibes)

BOB JAMES  (piano,electric piano)

CORNELL DUPREE  (guitar)

RON CARTER  (bass)

BILLY COBHAM  (drums)

「LET IT GO」1966年録音

STANLEY TURRENTINE  (ts)

SHIRLEY SCOTT  (org)

RON CARTER  (b)

MACK SIMPKINS  (ds)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

カラオケにて

最寄駅近くに新しくオープンしたカラオケ屋さんへ、

サックスの練習に行きました。

まず楽器の練習をして良いか確認。

カラオケも使わず部屋も狭くていいですのでと言い、

奥の部屋に案内してもらいました。

オープンしたてでキレイだし、

外に音も漏れにくいようで良かった☆

自分の楽器を持ってから

マウスピースの調子が悪いような気がしていたけど、

思い切り音を出してみてどうも吹き方に問題があったみたい・・・

何度も試してみて少し形になってきました。

良かった☆

スケール、ロングトーン。

前回ボロボロだったRhythmTraining、一週間、

アメリカ民謡アメイジング・グレースを練習。

071209_163201 写真は

カラオケのソファーで

休憩する愛器。

というより、

私がバテて休憩しているのですが(笑)

張り切って2時間にしたから、ちょっと疲れましたね。

でも周りを気にせず練習する環境は大事だと

痛切に思いました。

早くカラオケに行って練習してれば良かった!

そして会計時にオープン祝いで大量にあるお花を

「お好きなだけどうぞ!」とのことで頂いちゃいました♪

店員さんも感じ良くていいお店だ☆

こんな物も頂きました(笑)

071209_183801 UGAのキャラクター

「歌姫with THE PNDARZ」

の歌姫ストラップ。

微妙な感じが逆に愛嬌あり?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西通りプリン♪

先日仕事帰りに、駅前で「西通りプリン」を買って帰りました☆

福岡で人気のプリン。

あの黄色いワゴンを見ると、テンション上がります(笑)

そう思うのはきっと私だけではないはず!

いつもお客さんが多いもの。

_211501 そしてこんな紙袋に入れくれました。

紙袋だったので、

大事に抱えて

持ち帰りました(笑)

何種類もある中で、

今回は「焼芋プリン」と「エスプレッソプリン」をセレクト♪

_213301 214701

ここのプリンは嬉しいことに

コラーゲン入りです☆

ほどよい弾力があります。

焼芋プリンには

さつまいもの角切りがトッピング。

焼芋ペーストでなめらかな食感です。

もう一つのエスプレッソプリンは

コーヒー入りで少しほろ苦いお味。

甘いものが苦手な男性も

抵抗無く食べれるのでは?と思います。

いつもの如く、一度に2つも食べてしまった(笑)

いいんです!

これは頑張った自分へのご褒美なので☆

でも、明日は少し節制しないとね(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天才たちの夜

先月の隔週サックスレッスンとは違い、

今月は3週目まで週1レッスンです。

今日はヘコみました・・・

練習不足も勿論なのですが、

全部振り出しに戻っている気がして不甲斐ない。

皆さんどんな練習されてるんでしょうねー

自宅で練習しにくい楽器ですが、

何とかしないと!!

落ち込んで帰宅して、JAZZを聴く・・・

こんな気分で天才たちの演奏を聴いたら拍車かけるかな?と思いながら(笑)

41ng2dlyaal ソニー・ロリンズ カルテット「TENOR MADNESS」

(1956年録音)

ロリンズとコルトレーンの、

1曲のみ共演が収録されている有名な作品。

これはたまたま遊びに来たコルトレーンが、

1曲だけ飛び入り参加したというエピソードがあるようです。

テナー2ホーンですが、

どっちがどっちか分かりますねー(笑)

少し無骨ではありますが、

徐々に彼の独特なスタイルを確立しつつあるコルトレーンも良いです。

天才のコルトレーンは努力家で人一倍練習してたらしい。

天才は一日にして成らず?

ああ、私は何倍の練習が必要なんだろうー(笑)

とにかく練習しないと(^^)b

SONNY ROLLINS  (tenor sax)

JOHN COLTRANE  (tenor sax) #1only

RED GARLAND  (piano)

PAUL CHAMBERS  (bass)

PHILLY JOE JONES  (drums)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばな奈♪

12月に入り、とっても寒くなってきました!

今日は一段と冷えますね。

寒いので、熱いお茶ばかり飲んでました(笑)

そしてそんな時、

東京に出張していた同僚から

お土産いただきましたー☆

071204_140101 東京ばな奈の『しっとりクーヘン』♪

プレーンな東京ばな奈の番外編、

「『黒ベエ』『和菓子になった東京ばな奈』に続く第3弾!」

と言って手渡されました(笑)

いつもありがとうね!

071204_140201 このバームクーヘンは、

バナナプレーン、チョコバナナ、

チョコレートの三層になってます。

名前の通り、しっとり感もありました。

バナナの香りもほんのりして美味しかったです。

つい続けて2個も食べてしまいました・・・

そんな訳でおやつ時間をたっぷりとって、

しっかりリフレッシュ!

しっかり働きましたよ(笑)

今度は第4弾!「東京ばな奈のロールケーキ」が食べたい☆

またよろしくね~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビューティー・レッスン 3

美容講座のレッスン3回目です♪

先生より「肌のトーンが明るくなってきましたねー」と

褒めていただきました。

教わった基礎のケアを毎日してきて、

自分でも少し調子がいいのを実感してたんです。

やったー!嬉しい☆

今日は小物使いのアドバイス、新しいフェイストレーニングを教わり、

いよいよ眉の描き方へ。

先生に最初から「眉の描き方教えますねー」と言われて、

気になっていました・・・眉苦手だったんですよね。

雑誌などのメイク特集で、

眉山の位置とかは参考にしてはいたんですが、

イマイチしっくりきてませんでした。

やはり個々の顔やパーツとのバランスがあるとのこと。

私の場合はいつもの位置より少し眉尻よりが

ベストな眉山のようです。

ほんの少し違うだけで変わるものなんですねー

エレガントな眉を作っていただきました☆

これで少しは美人度がアップしたよう。

明日から自分で描かなければ!

男性目線からすると、

女性は色々大変だねーと思われるでしょうが(笑)、

自分が努力してキレイになっていく手応えを感じると、

とっても楽しくなるものです(^^)b

他人に委ねる高額なエステや化粧品を買うわけでもなく、

自分でケアするわけだし。

より自分を知ることができて楽しいです♪

女性にとって、若さと美しさは永遠のテーマ!

サックス同様、頑張ろうー☆

・・・そして、美容には全く関係ないけど

ソニプラでよく見かけていた「HINT MINT」。

071202_201101 071202_202602

小さいタイプの「IRONY」が出ていたので

初めて買ってみることに。

チョコレートミントにしてみました。

本物のココアを使っていて、

シュガーフリーっていうのもいいですね。

ほんわかココア味で美味しい☆

でもバクバク食べるので、ミニだとすぐに無くなるかも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CM Tunes

そう言えば41dryalqo0l 、最近は見なくなったiPodのCM。

なかなかオシャレな映像と選曲で

好きでした。

去年のオンエア、「iPod 1000  Songs」

膨大な数のアルバムジャケットが、画面一杯川のように流れるCMがありました。

そこに流れていたのがフランスの男女ユニット、

ライノセラスの「キュービクル」。

ヤラれましたねー(笑)衝撃的でした!

このCMで問い合わせが殺到し、一気にブレイク☆

シャウトする、エレクトロニック・ロック・チューンがカッコ良すぎです!

この「CM Tunes」は、

iPodやNIKE、GAPなどの「カッコいいCM曲」を集めたもの。

美味しいところ取りのCDです。

私は朝の通勤時によく聴いて、テンションをあげていました(笑)

  CM Tunes

  01.ザ・フラテリス  気取りやフランツ  iPod+iTunes(2007)

  02.ベント・ファブリック  ジュークボックス 

                                              SoftBank(2006-2007)

  03.プロトタイプス  フーズ・ゴナ・シング? 

                                             iPod shuffle(2006)

  04.ウルフマザー  ラヴ・トレイン    iPod+iTunes(2006)

  05.ザ・ゴー!チーム  ザ・パワー・イズ・オン  NIKE(2006)

  06.ライノセラス  キュービクル   iPod+iTunes(2006)

  07.ザ・リソース  ギミー・ザット   iPod nano(2005)

  08.ブラック・アイド・ピーズ  ヘイ・ママ   iPod(2004)

  09.フーヴァーフォニック  ワン   Audi(2006)

  10.モービー  水面の上を歩かれる神   Mac(2006)

  11.ザ・ポリフォニック・スプリー    ライト&デイ 

                                                 Volkswagen(2004)

  12.スクイーズ  テンプテッド   GAP(2003)

  13.ジージージー  エクスタシー   キューピーハーフ(2006)

  14.Rdj2  デゥ・ラルットゥ    Adidas(2006)

  15.ジ・オーブ  リトル・フルッフィ・クラウズ 

                                               Volkswagen(2002)

  16.M   ポップミュージック   JT(2006)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »