« 平塚バーガー | トップページ | BRANFORD MARSALIS 「RENAISSANCE」 »

リードケース

Selmer

最初はあまり必要性を感じなかったので、

リードケースは持っていませんでした。

だんだん分かってきましたが、

リードって数枚づつ順番に使うんですよね・・・

数枚をバラバラに持つのが不便だと分かって、

やっとリードケース買いました。

せっかくなら少しでも可愛げのあるものをと、

セルマーのシルバーに☆

もっとラメが入っているかと思ったんだけど、

意外に控えめでした。

今週のサックスレッスンは、

ラ♭と、ミ♭のフィンガートレーニング。

ミ♭からファにするのが結構大変です。

そして曲練習は、グリーンスリーヴス。

最後は1人で吹くことに。

オーディエンス4人だけど、

アガリ症の私・・・(^^;)

練習では太く出ていた音が、急にか細くなる。

発表会大丈夫???

休憩中の雑談は、発表会の話から、

今後のサックスライフの楽しみ方についてまで。

もう少し上手くなって自信ついたら、次はどうする?

①サックスのレッスン自体を楽しむ。

②自分でバンドを組む。

③ビッグバンドに入れてもらう。

④上手くなって他のバンドからスカウトされる。←いつまで待っても絶対ない(笑)

あまり考えてなかったんですよねー。

サックスが上手に吹けたらいいなーくらいしか。

でもビッグバンドは楽しそう♪

発表会では色んなクラスの生徒さん達と一緒に、

ビッグバンドもどきの演奏ができるそうです。

(もどきなのは、ウチの教室にトロンボーンがないから・・・残念)

自分のクラス以外の人と接点が全くないので、

ある意味発表会は楽しみ。

 

|

« 平塚バーガー | トップページ | BRANFORD MARSALIS 「RENAISSANCE」 »

sax lesson ♪」カテゴリの記事

コメント

セルマーのリードケース、かっこいいですね!!
シルバーってステキ!!
私は今、プラスチックのリードを使ってるので、全然リードケースのことなんて考えてなかったけど、そのうち普通のリードを使うようになると、絶対いりますよね…。
でもリードケースって、案外高い…;;;

レッスンに通っていると、発表会があったり、他の方と練習出来たり、いいですよね^^
私の最終的な夢は、ジャズファンクバンドに所属…です(汗)
娘や息子の結婚式で、演奏してみたい。。。
一生の夢ですね。

投稿: さくさくら | 2008年3月 9日 (日) 23時09分

☆さくさくらさま
ステキな夢ですね♪
お子さんの結婚式で演奏って!
私の教室の生徒さんが、
ご自身の結婚式でステキなバラードを演奏されたそうです(^^)
私の先生も友人が皆プレイヤーなので、
各々の結婚式に演奏しあってるとのこと。
ミュージシャンっていいですよねー☆

ジャズファンクバンド、いいですねー(^^)
カッコいい!
さて、私の最終目標は?(^^;)
やはりビッグバンドかジャズバンドで演奏してみたいなー(*^^*)

投稿: ako | 2008年3月10日 (月) 00時58分

akoさま
 リード・ケース買いはったんですか。ちなみに私は、ついにメトロノーム(チューナー付)と譜面台を購入しました!これで、川の水面を見ながら、練習できます。ついに、「脱車内練」の機が熟したようです(?)
 akoさんは、レッスン3に入った模様ですが、私は、その手前のEx9、10、11でかなり苦戦しております。「茶色の小びん」で、8分音符を、「ドゥ ダ」ってやるのが、さっぱりできませんでした。これが、「JAZZ」なんですね。ついに、JAZZへの道に入った感動で、今日は眠れそうにありません…

 

投稿: レスター・ロートル | 2008年3月12日 (水) 01時02分

☆レスター・ロートルさま
はい、リードケース買っちゃいました(^^)
レスター・ロートルさんは「脱車内練」ですね(笑)
これから外で練習するの気持ちがいい季節ですよねー♪♪

結局眠れなかったんでしょうか?(^^)
だんだんジャズっぽいリズムでてきましたよね!
でも、難しいぃ。
テキストの後半を見ると「こんなのできるんかなー・・・」と思うけど、頑張ってカッコよくジャズ吹けるようになりたいです☆
私も外で練習してみようかなー(^^)


投稿: ako | 2008年3月12日 (水) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482607/11100456

この記事へのトラックバック一覧です: リードケース:

« 平塚バーガー | トップページ | BRANFORD MARSALIS 「RENAISSANCE」 »