« 来年も! | トップページ | フローラルな香りで癒される »

JUKKA ESKOLA

ゴールデンウィークですねー。

お天気も良いようで。

しかし、私は明日まで出勤です・・・(もう今日)

・・・がんばろっ。

このブログで、多分一番名前が挙がっていると思われる、

北欧の人気グループ “ファイブ・コーナーズ・クインテット”や

“テディ・ロック・セブン”のフロントを務めるトランペッター。

彼のプレイが好きで、CDラックのよく聴くコーナーにいつもあります。

ユッカ・エスコラ「JUKKA ESKOLA」(2005年)

7821

Jukka Eskola (trumpet & flugelhorn)

Timo Lassy (sax & alto flute)

Jukkis Uotila (Fender Rhodes & piano)

Antti Lotjonen (bass)

Teppo Makynen (drums,percussion & keyboards)

Timo Hirvonen (electric bass)

ソロはこれが初めて。

(録音2004年8月16日、18日)

ファイブ・コーナーズ~や、テディ・ロック~の

“テッポ・マキネン”がドラマー兼プロデューサーとして参加してます。

そしてテナーには“ティモ・ラッシー”も。

60年代後半から70年代のとても骨太な印象。

カッコいいです。

収録曲「Selim」は、ヴァイブ奏者ジョニー・ライテイルのものとは別曲だけど、

同じようにマイルス・デイビスの名前を逆にした曲名だろうとライナーノーツに記載されてます。

ユッカ・エスコラ・クインテット「HUB UP」(2006年)

202

2004年9月7日、8日に録音し、

フィンランドの国営ラジオ局で放送されたCTI時代を中心とした

フレディー・ハバードのカバー。

後にラジオ局よりレコード発売のオファーがあったが流れ、

日本で1stが発売されたインパートメントより限定リリースとなったようです。

Jukka Eskola (trumpet )

Timo Lassy (tenor sax )

Bongo Bob (percussion )

Jussi Lehtonen (drums)

Aki Rissanen (keyboards)

Timo Hirvonen (bass)

ハバードはユッカが最も影響を受けたトランペッターとのこと。

彼のジャズ・ロックを演奏したいと、とあるギグで実行。

そのギグをラジオ局のメンバーが観て放送が実現しました。

繊細でいてファンキーなプレイがいい。

ソロアルバムを製作中のようですが・・・

(このライナーノーツの時点でも書かれている)

3ヶ月の間に80本(!)ものライブやリハーサルがあったりするらしく。

とっても多忙のようです。

ライブ映像をみつけました。

左右に上半身を傾けながら吹く姿がカワイく見える(笑)

残念ながら、多分サックスはティモではないようです。

Jukka Eskola Quintet   “Naima”

">

|

« 来年も! | トップページ | フローラルな香りで癒される »

☆JAZZ or CLUB JAZZ」カテゴリの記事

コメント

ボクも明日から連休です。
妻の実家へ遊びにいきますよ♪

お、コルトレーンのナイーマですね!
これはヘタにやってしまうと間延びしてしょうがない難曲ですが、サンバでやるとはナイス・アイディア!!
なかなかシリアスなジャズミュージシャンでは思いつかないですねぇ

さて先週のウチのバンドのコンサート、ひどいデキでした・・・
ホール内に『やっつけ感』が充満しておりました。
でもそんな中、ウケた曲もちらほらと。
●ベートーベン交響曲第5番「運命」
スコアに書かれたベートーベンの言葉「運命はかくのごとく扉をたたく」をモチーフに現代風アレンジを施しました。
♪ジャジャジャジャ~ンのブレイク箇所にドアチャイムの「ピンポ~ン」を入れるだけ。
重厚(?)なサウンドにマヌケなピンポンとの対比がそこはかとなく笑いを誘っていました。
●マイナー・セブン
タイトルだけだと単なるコード・ネームのようですが、「ウルトラセブン」の主題歌を短調でリ・アレンジ。
リズムはルンバで。哀愁漂うラテン・ナンバーとなりました。
●演歌だんご3兄弟
読んで字のごとし。某音大声楽科出身のボーカリストが得意の演歌で大暴走。
一番拍手が大きかった曲です。

ま、デキはともかくアットホームなカンジで楽しいコンサートでした。

akoさんもどこかバンドに入られてはどうでしょう?
楽しいですよ!

投稿: とみー | 2008年5月 2日 (金) 23時32分

☆とみーさま
コンサート、どうもお疲れ様でした!!
運命のドアチャイム、ウルトラセブンのラテンナンバー、だんご三兄弟の演歌、楽しそう~(笑)
やっぱり音楽って、やるほうも聴くほうも楽しくなくちゃね!と思います。
私の教室にビッグバンド科があるんですよ。
足を引っ張らない程度にレベルアップしたら入れてもらおうかなー?と考えてます。
私も早くその楽しさに加わりたいですね~☆

ユッカはとても実力のあるプレイヤーで、
スタンダードのアレンジもカッコいいですよ。クラブジャズとしても通用します。
おススメです♪

投稿: ako | 2008年5月 3日 (土) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482607/20676539

この記事へのトラックバック一覧です: JUKKA ESKOLA:

« 来年も! | トップページ | フローラルな香りで癒される »